マルケト、革新的なエンタープライズ対応プラットフォームを発表、 未来のマーケティング実現へ|マーケティングオートメーション(MA)ならマルケト

お問い合わせ
プレスについて

2017.03.14

マルケト、革新的なエンタープライズ対応プラットフォームを発表、 未来のマーケティング実現へ

【カリフォルニア州サンマテオ - 2017年3月1日(米国本社リリース抄訳)】

エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーであるMarketo(本社、米国カリフォルニア州サンマテオ、以下マルケト、日本法人代表 福田康隆)は、次世代のMarketo Engagement Platformの販売開始を発表しました。今回の発表はマルケトの歴史において、非常に重要な意味を持っています。昨年公開されたこのプラットフォームは、新しいビッグデータアーキテクチャ(旧コードネーム:Project Orion)を採用しており、パーソナライズした大規模なカスタマーエンゲージメントを通じて顧客生涯価値を拡大するための、唯一のエンタープライズグレードの専用エンゲージメントマーケティングプラットフォームとなっています。

マルケトのCEO(Chief Executive Officer:最高経営責任者)であるSteve Lucasは、次のように述べています。

「Marketo Engagement Platformの販売開始を正式に発表できることを、大変嬉しく思います。業界で最も拡張性の高いこのプラットフォームにより、CMO(Chief Marketing Officer:マーケティング責任者)は自社のブランドを確立し、収益を拡大し、エンゲージメントエコノミーと称される新しいデジタル環境で成功できるようになります。Marketo Engagement Platformは、弊社がマーケティング分野をリードしてイノベーションを継続するとともに、組織とその顧客や見込み客をかつてない方法で結び付ける、画期的なソリューションの提供に取り組んでいることを示すものです。」

今回の発表は、多数の新しい収益創出テクノロジーとタッチポイントによって、買い手とブランドとの対話方法が根本的に変化しているタイミングで行われました。現代の買い手は、企業であろうと個人消費者であろうと、自らと個人的に結び付いてそのニーズに長期的に適合する、意義深い体験を求めています。マーケターは、増え続けるテクノロジーを連携動作させるという複雑な課題に直面しながら、こうした個人的な体験を大規模に創出する必要があります。Marketo Engagement Platformの新しいアーキテクチャは、この課題を解決します。

Marketo Engagement Platformは、最も重要な顧客データとタッチポイントを単一の統合プラットフォームにシームレスにまとめ、デジタルトランスフォーメーションの複雑さを軽減します。これによりマーケターは、かつてない方法で顧客の声を聞き、学び、エンゲージできるようになります。

マーケターは、以下のような際立ったプラットフォームの能力を存分に活用できます。

  • 適切な顧客データを取得 - 大規模に顧客にエンゲージしてアイデンティティを管理するために、顧客の行動やプロフィールに関するデータをまとめます。
  • 複数のチャネルにわたって体験をパーソナライズ/自動化 - データ、顧客インサイト、人工知能を用いて、顧客ライフサイクル全体や複数のマーケティングチャネル(メール、Web、広告、イベント、ソーシャルメディア、モバイルなど)にわたってあらゆる体験を自動化/パーソナライズします。
  • ビジネスインパクトを最適化 - マーケティング活動をパイプラインや収益などの業績に結び付け、顧客ライフサイクルの各段階で分析によってマーケティングパフォーマンスを最適化します。

Marketo Engagement Platformは以下のような3つの機能分野で構成されており、マーケターは長期にわたって柔軟にデジタルマーケティング能力を進化させることができます。

  • エンゲージメントマーケティングハブ:顧客のアイデンティティとデータ、およびプラットフォームからデータを入出力するためのAPIが含まれます。また、プラットフォームのアプリケーション全体にわたって顧客インサイトを強化し、自動化を促進する、自動化/分析/適応型エンジンも含まれています。
  • マルケトのマーケティングアプリケーション:アカウントベースドマーケティング(ABM)、Webパーソナライゼーション、プレディクティブコンテンツなど、12個のクラス最高のアプリケーションがプラットフォームにネイティブで組み込まれています。
  • パートナーアプリケーション:マルケトのオープンで拡張性の高いアーキテクチャを活用しており、LaunchPoint®を通じて利用可能です。LaunchPointは、組織がプラットフォームの活用を最適化、補完、拡張できるよう支援する、選り抜きのパートナーエコシステムです。

マーケターが利用できる顧客の行動データが急増していることから、Marketo Engagement Platformの新しいビッグデータアーキテクチャではこれに対応するため、無数のアクティビティを取り込んで短時間で処理し、大規模な個別パーソナライゼーションを実施できるようになっています。プラットフォームの基盤には、Apache Hadoop、Spark、Kafkaなど実績ある革新的な高性能コンピューティングテクノロジーをシームレスに統合し、クラス最高のパフォーマンスを実現しています。

このマルチコンポーネントアーキテクチャは、マルケトのお客様に向けて現在提供中であり、2017年中およびそれ以降にはこれを基盤としてエンゲージメントマーケティングサービスが追加され、パフォーマンスと拡張性がさらに強化される予定です。

Marketo Engagement Platformの発表は、マルケトがお届けする刺激的なイノベーションの一年の始まりを告げるにすぎません。来月行われる年次Marketing Nation® Summitでは、年間のイノベーション計画を正式に発表する予定です。

Marketo Engagement Platformについて詳しくはhttps://www.marketo.com/software/platform/をご覧ください。

■マルケト(Marketo)について

マルケトは、獲得からアドボカシーに至るまで、マーケターと顧客との長期的な関係の発展を支援するよう設計された先進的なエンゲージメントマーケティングソフトウェアとソリューションを提供しています。マルケトはマーケターのためにマーケターによって設立され、マーケティングテクノロジーにイノベーション検討課題を設定しています。マルケトは経営理念をMarketing Firstに置いています。カリフォルニア州サンマテオの本社を始め、世界中にオフィスを設け、戦略的パートナーとして、多岐に渡る業界の大企業や急成長している中小企業を支援しています。Marketoのエンゲージメントマーケティングプラットフォーム、パートナーエコシステムのLaunchPoint®、巨大なコミュニティMarketo Marketing Nation®の詳細についてはこちらをご覧ください。

プレスリリース一覧

関連記事

アドビ(旧Marketo)、ガートナーのCRMリード管理分野の マジッククアドラント2019年版で「リーダー」に選ばれる
2019 Adobe Experience Maker AwardおよびMarketo Revvie Awardの受賞者を発表
NTTデータ、採用マーケティング実施のため 『Marketo』を活用
マルケト、自社ツールMarketo×HRMOS採用管理×PR Tableを連携し、自社採用活動で「採用マーケティング」を実践
マルケト、「Marketo Champion」をMarketing Nation Summitで発表 各業界を代表する「Fearless Markter」7名が受賞
お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください。

デジタルからアナログまで、適切なタイミングで適切な
メッセージをそれぞれに合ったチャネルを通して届ける
マーケティングプラットフォームを提供しています。

03-5740-2400(営業時間 9:00〜18:00)