マルケトのマーケティングオートメーションが アンリツで採用 Marketoでリードナーチャリングを実現した部門横断プロジェクトを実施

2015.10.26

エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーであるMarketo (NASDAQ: MKTO、本社、米国カリフォルニア州サンマテオ、以下マルケト、日本法人代表 福田康隆)は、本日、マルケトのマーケティングオートメーションがアンリツ株式会社に、2015年4月に採用され、数ヶ月で一定の成果が出たことを発表します。なお、導入はマルケトと株式会社ビジネス アソシエイツが共同で行いました。

アンリツがマルケトのマーケティングオートメーションを導入する前は、以下の状況でした。

  1. マーケティング施策と営業活動が統合されておらず、一貫したプロモーション活動が不十分だった
  2. 以前導入したマーケティングオートメーションツールがあったが 日本語対応が不十分であったり、海外で契約したためサポートを効率的に受けられなかったこともあり、使いこなせなかった。
  3. 展示会、セミナー、メルマガのマーケティング施策の評価を行うことが難しかった。

導入後に同社は以下のような変化が起こりました。

  1. 既存のCRMとマルケトの連携により、顧客リストの数が1.7 倍に増加した。
  2. マルケトの持つスコアリング機能によって潜在顧客が興味を持つ分野が「見える化」された。
  3. マーケティング施策に対する評価が短時間で行えるようになり、コンテンツの質を高めることに注力できるようになった。

■マルケトについて

マルケト(NASDAQ:MKTO)は先進的なマーケティングソフトウェアと関連ソリューションを提供しており、デジタルマーケティングのアートとサイエンスの両方を習得したいと考えるマーケターを支援する企業です。マルケトは絶え間なく変化する今日のデジタルワールドにマーケターが遅れをとらないよう、イノベーションと専門性を独自に組合せ、マーケターを支援することに特化しています。Marketo®の「エンゲージメントマーケティングプラットフォーム」は、今日のデジタル、ソーシャル、モバイル、オフラインと多岐に渡るチャネルを束ね、マーケティング活動の計画と運営からリアルタイムに最適化されたやりとりまで、デジタルマーケティングにおけるあらゆる側面でマーケターを支援し、その力を最大限引き出すアプリケーションです。また、Marketoのアプリケーションはその使いやすさで知られており、Launch Point®と呼ばれる400以上のサードパーティーが参加するエコシステムと、5万人以上のマーケターが相互に学びマーケティングの専門性を高めるためのユーザーグループMarketing Nation®で、そのソリューションを補完しています。その結果、現代のマーケターには、今までにないスピードで優れた結果がもたらされます。本社を米国カリフォルニア州サンマテオに置き、ヨーロッパ、オーストラリア、そして日本にも事業を広げているMarketoは、多岐にわたる業界の大企業や急成長中の中小企業を含める、3750社以上のユーザー企業を戦略的マーケティングパートナーとして支援しています。詳しくはjp.marketo.comをご覧ください。

■株式会社ビジネス アソシエイツについて

ビジネス アソシエイツは、「Global」「Cloud」「Sales/Marketing」 を キーワードに、営業・マーケティング分野に特化した企業向けコンサルティングサービスを提供しています。昨今の企業のグローバル競争の激化や市場の変化の把握へのニーズの高まりのなかで、グローバルレベルでクラウドサービスを用いて、スピーディ に営業・マーケティング改革を行う、というご支援を早くから行ってきており、多くの国内大手グローバル企業にサービスを提供しております。
マーケティングの分野においては、デジタルマーケティングが本格化するなか、企業のこれからのマーケティング関連業務、組織、必要スキル等の 変化対応をサポートするべく、Marketing Innovationをゴールとしたサービス展開をしています。
マーケティングオートメーションのリーダーであるMarketo社とのパートナーとして、コンサルティング・導入支援に携わっています。詳しくは、http://bainc.co.jp/ をご覧ください。

本件に関するお問合せ先
株式会社マルケト
PR担当:大槻祥江
TEL:03-4510-2395(直通)
Email:japanpr@marketo.com
マルケトがマーケターを対象に宣伝会議にて独自調査を実施
マルケトがマーケターを対象に宣伝会議にて独自調査を実施

飽和する市場環境で 「関係性」構築が、重要な課題に

詳細を見る