Marketo、カスタマーエンゲージメントプラットフォーム の革新的な新機能を発表

2015.04.16

モバイルと広告とすべてのマーケティングチャネルは集中管理の時代に

エンゲージメントマーケティングソフトウェアおよびソリューションのリーディングプロバイダーであるMarketo (NASDAQ: MKTO、本社、米国カリフォルニア州サンマテオ、以下マルケト、日本法人代表 福田康隆)は、本日、すべてのデジタルマーケティングチャネルを統合集中管理しエンゲージメントマーケティングを実現するための新しい機能を発表しました。この新機能によって、今まで分断されていたEメール、ソーシャル、Web、広告、モバイルなどのマーケティングチャネルを集中的に管理し、整合性のとれたメッセージを効果的にお客様へ伝えることができるようになります。

本日の新しい機能の発表により、Marketoはデジタルマーケティングの世界に変革をもたらします。この機能によってMarketoのエンゲージメントマーケティングプラットフォームは、Eメール、Webサイト、ソーシャルメディア、モバイルアプリ、デジタル広告を統合管理し、お客様のロケーションや接点となるメディアを問わず、お客様と継続的に会話することができます。

現在のデジタルマーケティングでの例を考えてみると、自社がFacebookに掲載した広告上のメッセージはその広告のリンク先の自社Webサイトのメッセージと整合性が取れていないというのはよくある事例です。また、広告に接するよりも以前のWebサイトでの訪問の履歴やキャンペーン経験とも連携できていません。
Marketoの会長兼最高経営責任者(CEO)のPhil Fernandezは、「マーケティングはサイロの中に閉じ込められてはいけません。お客様がどこにいようとも、正しいメッセージをお客様に伝えられることが不可欠です。Marketoはシンプルでパワフルなテクノロジープラットフォームでマーケティングのテクノロジーをリードしてきました。今回の新機能では様々なマーケティングチャネルの枠組みを越える本当のマーケティングプラットフォームのベンダーとしてのポジションが明確になりました。Marketoは、お客様の場所を問わず長期的に関係性を構築する、エンゲージメントマーケティングの新しい時代をリードしていきます。」と述べています。

本日発表された製品には以下が含まれます。
Marketo Mobile Engagement
MarketoがThe Economist Intelligence Unitに依頼して、最近実施した調査によると、今後3年から5年の間にマーケティング部門の責任者が投資する上位2つの分野が「モバイルマーケティング」と「ソーシャルメディアマーケティング」であることが明らかになりました。従来、マーケターはモバイルを特別なマーケティングプログラムとして捉えていました。その結果、従来のマーケティングチャネルとは独立して運用されることも多く、マーケティングチャネルとしてのモバイルの力は十分に開発されていませんでした。
このモバイルとその他のマーケティングチャネルとの間の溝を埋めるために、Marketoはカスタマージャーニーの一部としてのモバイルでのコミュニケーションを活用したキャンペーンを簡単に構築できる業界初のソリューション、Marketo Mobile Engagementを発表しました。
Marketo Mobile Engagementにより、マーケターはWebサイト、ソーシャルメディア、Eメール、および広告チャネルを通じてお客様の客の声を聞き、モバイルで直接コミュニケーションすることで、継続的に顧客をエンゲージできるようになります。また、Marketo Mobile Engagementは、その他のデジタルチャネルにおいても、モバイル環境内で検出された行動パターンに基づいたコミュニケーションを促進し、カスタマージャーニー、カスタマーエンゲージメントシナリオにモバイルを組み込むことができます。Marketo Mobile Engagementは、一括、トリガー、ナーチャリングシナリオベースでプッシュ通知を実現することができます。また、マルケトのリード情報をベースにモバイルアプリのパーソナライゼーションを実現することができます。

Marketo Ad Bridge
Marketo Ad Bridge の機能によってデジタル広告をパーソナライズ化するだけでなく、広告キャンペーンから実際の売上に至るまでの経緯を緻密にトラッキングし広告キャンペーンの最適化を実現することができます。
Marketo Ad Bridgeは、運用型オンライン広告とエンゲージメントマーケティング戦略に結びつけ、最適な出稿を実現します。多種多様な運用型オンライン広告の効果を最大化するために、マルケトに記録しているお客様の情報から最適なターゲットと最適な広告媒体と最適なメッセージやコピーを作る事ができます。高度にパーソナライズされた広告は、オーディエンスに届けるのに最適な広告媒体を通じて配信することができます。適切なタイミングに適切なメッセージを配信することで、オーディエンスの関心を引きつけ、バイヤージャーニーへ導いていくことができます。Marketoに記録しているお客様のデモグラフィックデータと詳細な行動履歴データ、スコアリングデータをDMP、DSPなど最新のアドテクと連携させることで、マーケターは自社にとって適性の高い潜在的優良顧客に対して、パーソナライズされた広告を、最適な広告メディアを通じて配信し、自社のWebサイトへと誘導することができます。
Marketo Ad Bridgeによって、マーケターは、すでに自社のデータベースに登録されている既知の見込み客だけでなく、まだ匿名のWeb訪問者や、まだ接点のない潜在的優良顧客に対して広告を通じて効果的にコミュニケーションを始めることができるようになります。MarketoはFacebookやGoogle、LinkedInといった、大手の広告プラットフォームとのパートナーシップや統合により、ディスプレイ、リマーケティング、PPCなど様々な広告サービスをエンゲージメントマーケティングの要素として取り込むことができる初めてのマーケティングプラットフォームになります。

マーケティングチームの生産性を向上させるMarketoソリューション
Marketoは本日、新しい革新的な方法で顧客とエンゲージできるようにするだけでなく、マーケティング業務をチームスポーツのように行える重要な先進機能を発表しました。
●Marketo Calendar HD
Marketoの豊富なカレンダー機能の最新の追加機能である、Marketo Calendar HDにより、マーケティングプログラムとその結果を、高度にビジュアル化されたダッシュボードとして、個人のコンピュータまたは多くの人が同時に閲覧可能な大型スクリーン上に映し出すことができます。また、Marketo Calendar HDは、これまで多くのマーケターが、チームのマスターカレンダーとして利用していた散在するホワイトボードを効率的に置き換え、チーム全体で協力して仕事をしながら、ある特定の時間にどのプログラムが実施されているかを確認できるようにします。Marketo Calendar HDにより、マーケティングチームはより大きな目標に沿って活動できるようになり、経営幹部、販売、その他の企業のステークホルダーがそれぞれの枠組みを超えた形で協業できるように、プログラムの進行状況を可視化することができます。
● Marketo Moments
Marketo Momentsは、いつどこにいても必要なときに最も重要なマーケティングプログラム情報をマーケターに提供する、美しくデザインされたモバイルアプリケーションです。直近のプログラムの成果をリアルタイムで確認したり、次回のキャンペーンの内容をモバイルデバイスから閲覧することができます。また、Marketo Momentsは、マーケティング業務全体の影響力を評価するのに役立つレポートを提供する他、プログラムの成功をチーム全体で祝うことができる共有機能も備えます。

本プログラムスイートは2015年第2四半期初めに提供される予定です。

■マルケトについて
マルケト(NASDAQ:MKTO)は先進的なマーケティングソフトウェアと関連ソリューションを提供しており、デジタルマーケティングのアートとサイエンスの両方を習得したいと考えるマーケターを支援する企業です。マルケトは絶え間なく変化する今日のデジタルワールドにマーケターが遅れをとらないよう、イノベーションと専門性を独自に組合せ、マーケターを支援することに特化しています。Marketo®の「エンゲージメントマーケティングプラットフォーム」は、今日のデジタル、ソーシャル、モバイル、オフラインと多岐に渡るチャネルを束ね、マーケティング活動の計画と運営からリアルタイムに最適化されたやりとりまで、デジタルマーケティングにおけるあらゆる側面でマーケターを支援し、その力を最大限引き出すアプリケーションです。また、Marketoのアプリケーションはその使いやすさで知られており、Launch Point®と呼ばれる400以上のサードパーティーが参加するエコシステムと、5万人以上のマーケターが相互に学びマーケティングの専門性を高めるためのユーザーグループMarketing Nation®で、そのソリューションを補完しています。その結果、現代のマーケターには、今までにないスピードで優れた結果がもたらされます。本社を米国カリフォルニア州サンマテオに置き、ヨーロッパ、オーストラリア、そして日本にも事業を広げているMarketoは、多岐にわたる業界の大企業や急成長中の中小企業を含める、3750社以上のユーザー企業を戦略的マーケティングパートナーとして支援しています。詳しくはjp.marketo.comをご覧ください。

【製品に関するお問い合わせ先】
株式会社マルケト
http://pages2.marketo.com/jp-contact.html

【広報に関するお問い合わせ先】
株式会社ビーコミ
http://www.b-comi.jp/contact/

本件に関するお問合せ先
株式会社マルケト
PR担当:大槻祥江
TEL:03-4510-2395(直通)
Email:japanpr@marketo.com

デモ動画を見る