MarketoとLinkedIn、 チャネルを超えたエンゲージメントマーケティングの提供を発表

2015.04.16

GEがMarketoとLinkedInの連携ソリューションで
統合マルチチャネルのマーケティング手法を実現

エンゲージメントマーケティングソフトウェアおよびソリューションのリーディングプロバイダーであるMarketo, Inc. (NASDAQ: MKTO、本社、米国カリフォルニア州サンマテオ、以下マルケト、日本法人代表 福田康隆)は本日、オンラインおよびオフラインに関わらず顧客とのあらゆる接点を通じて、マーケターがよりパーソナライズされたエンゲージメントを維持できるようLinkedInとの協業を発表しました。LinkedInのLead AcceleratorソリューションとMarketoのEngagement Marketing Platformを連携させる本ソリューションは、デジタル、ソーシャル、およびオフラインといったチャネル間の溝を埋め、マーケターが、オンライン上の顧客がどこにいても彼らとの関連のある会話にエンゲージできるようにします。本ソリューションは、今日最も革新的な企業の1社として知られているゼネラル・エレクトリック(以下、GE)が他社に先駆けて当ソリューションを採用します。

GEのPerformance Marketing Labsでゼネラル・マネージャを務めるAndy Markowitz氏は、「当社はより優れたカスタマーエクスペリエンスを提供することに取り組んでいます。これはお客様との関係を構築するためには最も重要な手法であり、これを顧客と見込み客とのエンゲージメントと考えています。Marketoと当社のそれぞれの最高水準のマーケティングプラットフォームおよびデジタルナーチャリングプラットフォームを連携することで、幅広い顧客とのパーソナライズされたコミュニケーションを実現し、最も先進的なのソリューションを実現します」と述べています。

 

今回の連携には以下が含まれます。

  • 顧客の購買サイクルの段階に基づいて、Eメール以外のコミュニケーションチャネル、例えば、デスクトップやモバイルデバイスでのディスプレイ広告およびソーシャル広告を通じて、長期的な関係を構築することが可能になります。
  • 関連するビジネス、プロファイル、行動情報を含む、既知および匿名の見込み客の豊富なデータをマーケターに提供することで、彼らの頻繁に利用するチャネルを介して、より関連性の高い広告を顧客と見込み客に提供することができます。
  • お客様がブランドロイヤルティを確立するための役に立つコンテンツをタイムリーに提供することで、既存の顧客と、関連のある会話が可能となります。

 

例えばある男性客がGEのWebサイトを訪れ、サービスに関するホワイトペーパーをダウンロードしたものの、自分の連絡先情報は入力しなかったとします。後日、彼は今度入社する同僚と連絡をとるためにLinkedInのページを訪れます。そのとき、MarketoとLinkedInのサービス連携により、GEは彼がホワイトペーパーで閲覧された内容に基づいて、パーソナライズされた広告を提供し、彼をWebセミナーに招待することができます。また、そのWebセミナーに登録した瞬間彼は匿名リードから見込み客となり、GEは彼との関係を育成し始めることができます。

Marketoの最高経営責任者(CEO)のPhil Fernandezは、「マーケターはこれまで、それぞれ異なるチャネルで個別にプログラムを管理しなければなりませんでした。顧客と見込み客との信頼および長期的な関係を構築するのに必要な、関連のある有益なコンテンツによってエンゲージすることはほぼ不可能でした。今回、LinkedInのサービスと連携したことで、この障壁が取り除かれ、マーケターはチャネル全般に渡り、パーソナライズされ一貫したやり方で顧客との関係を育成していけるようになります」と述べています。

LinkedInマーケティング・ソリューションズの製品部門部長のRussell Glass氏は、「今回のMarketoとの協業は、インターネット全般に渡るターゲットオーディエンスとの関係を育成しようとしているB2Bマーケターに、最も有益な体験を提供するという当社の取り組みを強固にします。Marketoのプラットフォームと当社の新しいLinkedIn Lead Acceleratorの連携は、マーケターがデータと先進の技術を活用することで、顧客との関係を構築し、ビジネスに好影響を与えるという方向性に向けての重要な一歩となります」と述べています。

今回のMarketoとLinkedInのサービス連携についての詳細情報は、LinkedIn Blogをご覧ください。

 

■マルケトについて

マルケト(NASDAQ:MKTO)は先進的なマーケティングソフトウェアと関連ソリューションを提供しており、デジタルマーケティングのアートとサイエンスの両方を習得したいと考えるマーケターを支援する企業です。マルケトは絶え間なく変化する今日のデジタルワールドにマーケターが遅れをとらないよう、イノベーションと専門性を独自に組合せ、マーケターを支援することに特化しています。Marketo®の「エンゲージメントマーケティングプラットフォーム」は、今日のデジタル、ソーシャル、モバイル、オフラインと多岐に渡るチャネルを束ね、マーケティング活動の計画と運営からリアルタイムに最適化されたやりとりまで、デジタルマーケティングにおけるあらゆる側面でマーケターを支援し、その力を最大限引き出すアプリケーションです。また、Marketoのアプリケーションはその使いやすさで知られており、Launch Point®と呼ばれる400以上のサードパーティーが参加するエコシステムと、5万人以上のマーケターが相互に学びマーケティングの専門性を高めるためのユーザーグループMarketing Nation®で、そのソリューションを補完しています。その結果、現代のマーケターには、今までにないスピードで優れた結果がもたらされます。本社を米国カリフォルニア州サンマテオに置き、ヨーロッパ、オーストラリア、そして日本にも事業を広げているMarketoは、多岐にわたる業界の大企業や急成長中の中小企業を含める、3750社以上のユーザー企業を戦略的マーケティングパートナーとして支援しています。詳しくはjp.marketo.comをご覧ください。

【製品に関するお問い合わせ先】
株式会社マルケト
http://pages2.marketo.com/jp-contact.html

【広報に関するお問い合わせ先】
株式会社ビーコミ
http://www.b-comi.jp/contact/

本件に関するお問合せ先
株式会社マルケト
PR担当:大槻祥江
TEL:03-4510-2395(直通)
Email:japanpr@marketo.com

デモ動画を見る