MarketoがMarketo Instituteの発足を発表 --マーケターとエンゲージメントマーケティングの新時代を率いるリーダーを教育--

2014.09.30

Marketo Instituteはデータに基づいた知見、マーケティングのベストプラクティス、そしてMarketoを導入している3300社以上とのベストプラクティスから得た知見を提供するマーケティング研究センターです。

大手マーケティングソフトウェア及びソリューションのプロバイダーであるMarketo (NASDAQ: MKTO)米国本社は、2014年9月30日、絶え間なく進化するデジタルマーケティングで成功するため、データに基づく知見とベストプラクティスを提供するためにMarketo Instituteを創設しました。これらの知見は今までのMarketoの歴史の中で積み重ねられた20以上の業種、36カ国3300社の匿名データ、広告代理店、コンサルタント、リサーチ会社との協業し収集した調査結果に基づいています。

Marketo Instituteは環境変化や複雑化、新しいチャネルやテクノロジーの出現することで、お客様の注目を得ることが困難になっている現代のマーケティング環境に、マーケターが適応するための施策を提案し、支援をします。デジタルとモバイルは企業とお客様との関係構築の方法を大きく変えてしまいました。現代の企業は、一方的にお客様にアプローチするのではなく、お客様と長期間にわたってパーソナルな関係を築いていくことが求められています。マーケターは、一方向のキャンペーンを実行するのではなく、お客様との対話型のコミュニケーションを通じて関係を構築していく "エンゲージメントマーケティング"を実現できるようにならなければいけないのです。
Marketo Instituteの役員でありMarketo共同設立者でもあるJohn Miller氏は、「Marketo Instituteのミッションはマーケターを育成し、このエンゲージメントマーケティングの時代に適応できるマーケティングのリーダーをバックアップすることです。大学やビジネススクールのマーケティングの授業では、現代のマーケティングに必要とされている新しい技術や戦略を学生に教えていません。正しいデータとそれを理解する知識を身につけることが必要です。さもなくば、マーケターは頭に思い描いた空想のマーケットに対して、無駄なトライアンドエラーを繰り返すしかありません。現代のマーケターにはベンチマークや様々なデータを読みこなし、データに基づいた戦略的マーケティングキャンペーンを計画しそれを実行してビジネスを成功に導く能力が必要なのです。」と述べています。

Marketo InstituteはMarketoを導入している3300社以上の蓄積された匿名データ(1200万以上のマーケティングプログラム、約9億人のユニークユーザー、2兆2400億レコードのキャンペーンへのレスポンス履歴等)をビジネスの世界で活用ができる知見へと昇華させて提供します。マーケターがビジネスの現場で活用できる見識、注目すべきトレンド、その背景にあるビジネス環境の変化、マーケットの意識の変化をデータから読み取りそれを分析した結果をインテリジェンスとして提供します。
Marketo Instituteは、現代のマーケターが持つべき視点として以下のトピックが特に重要だと考えています。
・顧客ライフスタイル
・顧客との関係構築
・デジタルマーケティング
・マーケティングROI
・マーケティング活動

最初の研究テーマとして、顧客の最初の購入以前に何回マーケティングタッチが必要か、企業が顧客と双方向でコミュニケーションを行うために利用しているチャネルやデバイス、各業種でマーケティング投資と売上の関係性はどのような比率になるかをとりあげました。

また、Marketo Instituteはマーケティングリサーチや新しい研究テーマにおいては、他の企業とのコラボレーションを実現するためのハブの役割も果たしています。Marketo Instituteは今後教育機関とも連携し、デジタルマーケティングが今後どの方向へ進んでいくのかを検証するため、Marketo Instituteの研究結果や実際のベストプラクティスはもちろん、第一線のマーケティングエージェンシー、経営コンサルティング会社や研究機関の更なる見識と分析に基づきカリキュラムを作成していきます。この研究では組織の構成やデザイン、ウェアラブル等の新しいテクノロジーが与える影響、企業におけるマーケティングと他部門間との新しい連携スタンダード等のマーケティング戦略に関する見識やベストプラクティスがあります。

Marketo InstituteはCMOにとっても重要な情報ソースとしても期待されます。CMOは組織の中で他部門から独立した立場として機能することが求められている一方、日々対峙しているマーケティングテクノロジーを理解しその進化にも追いついていかなければいけません。Marketo Instituteはオンラインコミュニティ、個人対個人のネットワークを構築しベンダーから独立し純粋な研究結果を発表し、現場をリードするマーケターが学び、刺激し合える場を作っていきます。

Marketo Instituteのより詳しい情報は www.marketoinstitute.com をご参照ください。

Marketo(NASDAQ:MKTO)はデジタルマーケティングの芸術と科学の両面からサポートするマーケターのためのマーケティングソフトウェア会社です。マルケトは常に変化する現代のデジタルワールドにおいてマーケターをイノベーションと専門知識でサポートします。Marketo®のエンゲージメントマーケティングプラットフォームはデジタル、ソーシャル、モバイル、そしてオフライン等のあらゆるチャネルで活動の計画、実行、リアルタイムパーソナライズまで、デジタルマーケティングのあらゆる面でマーケターの力を最大限引き出していきます。Marketoはその製品の使いやすさ、400以上のサードパーティーソリューションからなるローンチポイントエコシステム、5万人以上のマーケターが参加しているマーケティングネーションなどを特色としています。最先端のテクノロジーを使う事でマーケターはより優れた結果を得ることができるのです。米国カリフォルニア州サンマテオに本社を構え、ヨーロッパ、オーストラリア、そして日本にも拠点を展開しいています。Marketoは様々な業界において企業規模の大小を問わず3300社以上のお客様の戦略的なマーケティングパートナーとして貢献しています。詳しくは www.marketo.com をご覧ください。

本件に関するお問合せ先
株式会社マルケト
PR担当:大槻祥江
TEL:03-4510-2395(直通)
Email:japanpr@marketo.com
マルケトがマーケターを対象に宣伝会議にて独自調査を実施
マルケトがマーケターを対象に宣伝会議にて独自調査を実施

飽和する市場環境で 「関係性」構築が、重要な課題に

詳細を見る