お問い合わせ

なぜマーケティングオートメーションが期待した成果を出せないのか?|マーケティングオートメーション(MA)ならマルケト

なぜマーケティングオートメーションが期待した成果を出せないのか?

マーケティングオートメーション導入で成果が出る企業と出ない企業

なぜマーケティングオートメーションが期待した成果を出せないのか?

Raab AssociatesとVentureBeatの調査によると、マーケティングオートメーションを導入した企業の75%が投資以上の成果が出ていると回答しているのに対し、25%の企業は投資に見合った価値が出ていないと回答しています。

なぜ、このような差が生まれるのでしょうか?

導入後に成果が出づらい原因

マーケティングオートメーション導入後に期待した成果を得られていない
企業の多くには以下のような特徴があります

1.機能レベルで十分に比較・検討していない
実現したいことや導入後の業務に合わせた細かい機能比較、ベンダへのデモ依頼などを実施しておらず、導入後の活用イメージが持てないまま製品選定に至っている
2.導入コストを優先
コストを優先し、本来重要視されるべき「期待される投資対効果(ROI)」での比較検討が十分なされていない
3.導入後の計画がない / 導入支援が不十分
安価に導入できるなどの理由で計画を持たずに導入してしまった / ベンダから導入後の計画策定、立ち上げの支援が十分ではない

お使いのマーケティングオートメーションに満足していますか

現在ご利用のソリューションは生産性の向上、高度な施策の実施に貢献できていますか? 持続的な成長を実現するためには、より完璧なソリューションが必要です。

マーケティングオートメーション運用のよくある課題をMarketoで解決

マーケターの生産性が上がっていない
~作業から解放されない~
  • 少し複雑な条件になるとExcelなどツールの外で加工しなければならない
  • 毎月開催するセミナーのLPや入力フォーム、メールの作成に時間が掛かる

マーケターの生産性を最大化
~作業者から戦略家へ~
  • 複雑な条件でのリスト作成も画面操作のみで完結
  • マルケト独自のトークン、複製機能でセミナー用プログラム作成などの工数を大幅削減

基本的な施策しかカバーできない / 施策のPDCAが遅い / ROIが不透明
  • メールの配信頻度や順番の変更、差し替えに制限が大きいナーチャリング
  • 決められた条件で一律適用しかできないスコアリング
  • 単一キャンペーンでの貢献度しか測れない単純なレポーティング

高度な施策を可能にする拡張性
  • メール配信頻度や差替えを自由にでき、マルチチャネルで温度感捉えてコンテンツの最適配信ができるナーチャリング
  • 属性や行動情報だけでなく、サービス別など複数軸で温度感を捉えるマルチスコアリング
  • キャンペーンの間接貢献も含めてROIを可視化できる高度なレポーティング

CRMシステムなど外部システムとの連携・維持コストが高い
  • 外部システムなどとの連携範囲が限定的 / 自社開発が必要
  • システム間でのユーザーや項目の追加、変更の反映を手動で実施しなければならない

CRMソリューションとの強固な連携
  • 650を超える外部ソリューションとのシームレスな連携を実現するLaunchPoint
  • Salesforce、Microsoft Dynamics CRMをはじめ主要なCRMソリューションと連携
  • CRM上のユーザーや項目追加を自動的にMarketoに反映し、管理工数を削減

導入後の立ち上げ / 運用支援の不足
  • ベンダからの導入後の立ち上がり、活用支援がない / 少ない
  • 運用開始後に相談できる相手がいない

充実の立ち上げサポート / ユーザーコミュニティ
  • 経験豊富なコンサルタントによる運用立ち上げ支援
  • 400名以上の日本のマーケターが集まるユーザーコミュニティ

売上を伸ばし続ける企業はなぜMarketoを採用するのか?

現企業の成長を止めないためには、ビジネスの拡大を支えながらともに成長してくれる柔軟で拡張性のあるテクノロジープラットフォームが必要です。

まずは貴社の課題をお聞かせ下さい