顧客の検討度の可視化

導入事例

顧客の検討度の可視化

複雑なカスタマージャーニーにおける顧客の状況を把握

MA(マーケティングオートメーション)の機能として、あらゆるチャネルの顧客の行動情報の蓄積があります。webサイトやメール開封のトラッキングだけでなく、ウェビナーや展示会などへの参加情報の一元管理、デジタル広告への反応、営業対応履歴などを通じて顧客の検討度合いの可視化を実現します。また、スコアリング機能を活用し、見込み客の属性情報や行動による優先順位付けも可能にします。本ページではこのような機能を活用して顧客の検討度合いを可視化し最適なコミュニケーション作りに取り組む企業の事例をご紹介します。

USEN ICT Solutions

通信1000名未満

もうホットリードを見逃さない
リードスコアリング完全ガイド

スコアリングのノウハウを解説