エンゲージメントマーケティング

クラウドでマーケターによるスピーディーで大規模なイノベーションを支援する3つの方法:マルケトとGoogle Cloud

「The State of Engagement」の最近の発表によると、消費者は、ブランドとのよりタイムリーで、関連性のあるインタラクションを期待していますが、マーケターはその期待を満たしておらず、その期待に応えるために役立つ適切なツールを探していることがデータで明らかになりました。

その点を念頭に置いたうえで、マルケトとGoogle Cloudが手を組んで、エンタープライズ向けエンゲージメントソリューションの革新を目的に、複数年の提携を発表することを嬉しく思います。この提携によって、両社は、MarTechとAdTechをつなぐ共同ソリューションの構築で協業します。そうすることで、マーケターはすべてのデジタルチャネルにわたって、より容易にリアルタイムで購買者の声に耳を傾け、理解したうえで、関係を構築することができます。マーケターのテクノロジー環境が大幅に簡素化されます。

なぜ、このことが重要なのでしょうか?マルケトとGoogle Cloudが協力して、マーケターの業務改革を行う理由を3つ紹介します。

1. AdTechとMarTech間の障壁を取り除く

AdTechとMarTechの世界は長年にわたってそれぞれまったく別々に存在し、さらには発展してきましたが、この状況は、マーケターやオーディエンスにはマイナスに働いていました。このような業界の縦割り構造は解消しなければなりません。実際のところ、購買者はこの2つの世界の区別など知りませんし、重要でもありません。私たちにとってもそうでしょう。今回の提携では、Marketoのエンゲージメントプラットフォームと広く利用されているGoogle Cloudの広告、生産性、アナリティクス機能の統合強化やイノベーションの加速によって、この2つの世界の一体化を進めていきます。そうすればマーケターは、エンゲージメントの高い体験をオーディエンスに届けて、その過程でROIを高めることができます。

2. よりスピーディーかつスマートなSaaSアプリケーション

SaaSアプリケーションは、急速に進化し続けており、次世代の製品は、タッチポイントやそれに関連するデータの増加に対処する機能を備えている必要があります。このような進化にはパブリッククラウドの規模が必要であり、弊社の場合、それはGoogle Cloudです。業界を代表するエンゲージメントプラットフォーム、MarketoはEngagement Economyで成功を収め、発展していくために必要な機能の提供に重点を置いています。マルケトはGE HealthcareやPanasonicなどのグローバルな大企業にサービスを提供しています。ですから、お客様の事業の成功を支える、可能な限り最も堅固なグローバルインフラに投資することは極めて重要です。

3. 購買者と関係を築く新しい、独自の方法

マルケトとGoogle Cloudは協力して、マーケターに向けたイノベーション計画を進めていきます。製品と機械学習の分野や人工知能(AI)等の分野での新しい技術革新で協業します。このイノベーションへの取り組みによって、マーケターは、急速に変化する、現在、そして未来のマーケティング環境で成功を収めることができます。

マーケターが顧客と確かな関係を大規模かつ速やかに、適切なメッセージで構築するには、マルケトやGoogle Cloudなどの組織が協力して、市場が求める、あるいは必要とする変化を先導する必要があります。詳細については、プレスリリースをご覧ください。

関連情報