経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室 室長補佐(現 東京八丁堀法律事務所 弁護士)の白石 紘一様をお招きしてお届けしている「Fearless Marketer」。

前編に続き、後編では、白石様が経産省に入ってて感じられた日本の課題や、これから日本の人事を変え得るHRテクノロジーの活用などについて、弊社 タレントエンゲージメント&オペレーション ディレクターの千葉 修司と語り合っていただきました。

企業の人事は、なぜ上から目線なのか

千葉:今日ランチをしていた人と「評価制度という言葉はやめよう」という話をしていたんです。本来、目標設定にせよ、報酬を決めるための判断をするにせよ、大事なのはフィードバックの機能であり、その方の成長のためにあるものなのに、どうして日本企業の人事は、育成だとか活用だとか、常に立ち位置が働き手よりも上なのかという疑問があって。そうした言葉1つを取っても、企業側のスタンスは働き手に伝わりますし、もはやそういう時代じゃないと思うんです。

白石氏:おっしゃる通りだと思いますね。

千葉:だから我々も"人事部"ではなく"タレントエンゲージメント"という名前の部門にしていますし、アメリカでは我々の部門は"エンプロイーエクスペリエンス"という名前になっています。企業と働き手のつながり方の変化にともなって、企業の仕組みや風土作りのあり方も大きく変わりつつあるように感じています。

白石氏:部署の名前って、会社のポリシーが表れていますよね。私も昔から、会社のルールに従わせるために、会社が従業員を押さえつけて、その人の活力を奪っているのは、許せないと思っていたんです。だから私は大きな会社に入らなかった気もしているんですね。やりたいことを自由にやりたかったので。

弁護士にも就活のようなものがあって、エントリーシートを書いて面接を受けるのですが、いわゆる大手法律事務所と中堅~中小規模の事務所では、採用活動の期間が若干異なるんです。本当はどちらも、しかもいろいろな事務所を見た上で、どちらに行くか決めたかったのですが、その願いは叶いませんでした。先に動いていた大手のほうに、私の思いを伝えたところ、「採用人数が埋まったらそこでおしまいだから、中小の採用活動期間まで待つことは難しい」と言われてしまって。

それで、「わかりました。じゃあいいです」と大手を辞退して、中堅規模の事務所向けに就活を1からやり直して、中堅規模の事務所に入ることにしたんです。私が入ったところは、事務所以外の仕事をやるのも自由でしたから、ありがたいところに入れたなぁと実感しています。

千葉:その頃から、企業と働き手の関係性について、何か違和感を抱かれていたのかもしれませんね。

HRテクノロジーで人事はどう変わるのか

千葉:前編で"これからの人事は、従業員向けのサービス提供者として、テクノロジーを使いながら、データを味方につけることが大切だ"といったお話がありました。白石様は『HRテクノロジーで人事が変わる』労務行政(2018)の執筆にも参加されていますが、この御著書には白石様のどのような思いが込められているのでしょうか。

白石氏:1つめは、なかなかHRテクノロジーの普及が進まない中で、「経営者にも読んでもらいたい」という思いがありました。なぜかと言うと、普及が進まない背景には、"人事に投資する"意味を、経営者がまったく理解していないと感じているからです。人材育成にかかるお金を、コストとしてしか見られないうちは、何も変わらないだろうなと。"もしかしたら最初はマイナスもあるかもしれないけれど、レバレッジをかけるためには、やらなければならないものである"という発想になってもらいたいという願いを込めています。

2つめは、「人事に読んでもらって、HRテクノロジーを正しく使ってもらいたい」ということです。なんとなく導入して、そのまま失敗するケースを、できるだけ減らすことができればいいなと。とはいえ、懸念点ばかりを挙げて守りに入られ過ぎても困るので、その辺りのさじ加減は難しかったのですが。気をつけるべきところは正しく理解してもらいながら、上手に導入を進めてもらいたいなぁという思いで書きました。

千葉:攻めと守りのバランスですね。

白石氏:この本のコンセプトは「HRテクノロジーの光と影」ですから(笑)

千葉:なるほど、そうでしたか。まさにHRテクノロジーの本質を示しながら、人事の実務に直結する内容だと思って、拝見していました。執筆される中で、印象深い事例はありましたか?

白石氏:ここで取り上げた事例は私が選んでいるので、基本的に私が興味があるものしかないのですが、例えば、遠隔地に住む学生向けに、一度も会うことなく面接工程を完了させて内々定まで出してしまう事例がありましたね。行き着くところまで行くと、そうなるんだろうなと思いました。

千葉:最近、就職協定がなくなるかもしれないという話題がありますが、だからと言って、どんどん内定の時期が早まってしまったら嫌だなぁと思っているんです。大学1年生で入学したときには、すでに就職先が決まっているなんてことになったら、本末転倒ですよね。そうではなく、学生がサークルや海外旅行やバイトや恋愛をするのと同じように、就活が学生生活の中に組み込まれる世界になるイメージを持っていて。

そうなると、テクノロジーを使って企業と個がつながることに、大きな価値が生まれるのではないかと思うんですね。実際、Marketoユーザーの某日系大手SIerさんでは、大学1年生〜4年生に渡って、いかに多くの学生さんと1対1で深く繋がっていくかという観点で、Marketoを使ったお取り組みをされています。

これまでの採用活動では、大きな母集団を作って、その上澄みを取ればいいという発想が主流でしたから、認知のために莫大なコストをかけて、会わなくていいはずの人にまで会っていましたよね。これは先の営業の話と同じで、企業にとっても、学生にとっても、ハッピーじゃない。企業がテクノロジーを使って、長期的に自社のことを深く正しく伝えることで、個別最適を図ってミスマッチを減らすことにもつながりますし、ひいては企業の採用力を高め、学生の目利き力を高めることにもなればいいなと期待しているところです。

白石氏:まさに、そうですね。

働き手の選択肢が広がる未来を

千葉:弊社の話で言うと、弊社に今すぐ転職したい人は少ないのですが、1年後か2年後に、良い方に来ていただけたらうれしいなと思いながら、テクノロジーを使って1to1のコミュニケーションを取り始めているところなんです。HRテクノロジーには、採用の精度を高める観点でビッグデータやAIを活用しているものもありますが、そういったものとMarketoのようなエンゲージメントプラットフォームを掛け合わせることで、中長期に渡って良好な関係性を築くことができればと考えています。

白石氏:昨今は、人材のプールが外に広がってきているのだろうなぁと感じています。企業がアルムナイに積極的になってきているのも、その一端だと思うのですが、"あるときにガバッと採用活動をして、それ以外のときは完全な社外の人として縁を持たない"というのではなく、御社で取り組まれているように"プールの中で良好な関係を築きつつ、その人に転職意向が出たときに素早くアプローチできるようにしておく"といった考え方に切り替わってきているということですよね。

千葉:そうなんです。それを突き詰めていくと、企業と働き手の関係性も、"採ってあげる企業と、それに応じる働き手"という上下関係ではなく、人生100年時代を生き抜くために、常に自分を磨き続ける個のキャリアの軸と、企業のニーズがマッチしたときに、その企業に就職するといった対等な関係になるのだろうと思うんですね。長い職業人生の中で、複数の企業とお付き合いをしながら成長を重ね、複数の名刺を持ちながらプロジェクト型で働く人材も増えていく世の中になるのではないでしょうか。

白石氏:そうですね。私は"労働市場の柔軟化"という呼び方が好きなのですが、「労働市場の"健全な"流動化」が必要だと考えています。誰しもが気軽に転職する世界観が正しいとまでは思っていませんが、今は企業と企業の間にそびえ立つ壁があまりにも高すぎるせいで、各所でハラスメントのような暴走が起きているのではないかと思っているんですね。ある程度は壁を低くして、外を見られるような環境にしていくことが大切なのではないかと。

千葉:大賛成です。今、消費者が賢くなっていると言われているのと同じように、これからは働き手も知恵をつけていくのは必然ですからね。

白石氏:働き手が、働く場所を自ら積極的に選択するようになるということですよね。

千葉:そうです。企業にとっては辛い面もあるとは思いますが、働き手の幸せを追求しなければ、人を惹きつけられなくなって、生き残れなくなるでしょう。

白石氏:それがエンゲージメントですよね。働き手は自分の働きたい場所を自分で選ぶし、企業は働き手から積極的に選んでもらえるように努力する。まさに理想の世界観だと思います。そのためには、やはり労働市場でテクノロジーを活用することは重要ですし、企業と働き手、双方の情報がある程度オープンに行き交う環境にすることで、選択肢を広げていくべきなのでしょう。

千葉:人は自己実現したいと思っているのであって、働かされたいわけではありませんからね。

白石氏:機械はメンテナンスをすれば、ずっと同じパフォーマンスを出し続けられますが、人は心を持っているので、そうはいきません。心次第で、パフォーマンスは半分にもなれば倍にもなる。そこを大切に考えていかないと。

千葉:おっしゃる通りだと思います。では最後に、白石様の今後の展望をお聞かせいただけますか。

白石氏:正直、10年後にどうなっているか、まったくわからないんですよね。テクノロジーが今後どこまで発展するのか、見通すことはできませんので。ただ、こうあってほしいなぁという観点で言うと、まさに働き手には選択肢が与えられていて、なおかつ自らその選択肢を拡大していくことができ、その多くの選択肢の中から自分で選べる世界になっているといいなぁと思っています。そうした働き方が推奨される社会にしていきたいですね。きっとテクノロジーが、その一助になるだろうと信じています。企業と働き手が互いに高め合える関係を実現するために、今後もいろいろとチャレンジしていきたいですね。

千葉:本日は誠にありがとうございました。

取材日2018年9月14日